私は、めんどくさがりで、飽き性です。自分に甘い面もたくさんあって、ダイエットを続けても自分に負けてしまうことが多々ありました。
ただ、「痩せたい」という気持ちだけは持ち続けることが出来たので、ダイエットは結果は出ないものの続いていきました。
多様多種に渡るダイエット法を試しました。流行に乗ってDVDやダイエット器具を買って試すこともありました。
10年以上ダイエット意識を持ち続けて、最終的に辿りついたことは、「隙間時間に筋トレをする」ということでした。
あとは、筋肉を意識して、体を動かしたりこまめな運動を取り入れることです。

家の中では、無難に出来ることは、つま先立ちで歩いたり、テレビを見ている時には腹筋をしたりお尻の筋肉を鍛える脚上げを取り入れて過ごします。
家事をするときは、掃除機を左手で持ち上げて掃除をしたり、お風呂を洗う時はふくらはぎを伸ばすような体勢で洗ったりします。
お皿を洗う時は、片足立ちをして洗ったりもします。いつでも体に少しだけ負荷をかけることを意識しています。

これらを習慣化しているうちに、無意識に体を動かす習慣ができました。そしたら、二の腕のたるみや、太もものたるみが改善されました。
意識して体に負荷をかけることが、私には一番いいかな〜?と思っています。http://xn--j-phusbz669a1sglm7ally.com

ダイエットは大学生1〜4年の時に主に行いました。レコーディングダイエットになります。最も簡単なダイエット方法のひとつでありやり方は、「食べたものを記録していくだけ」というシンプルなものです。たったそれだけで痩せられるのか?と疑問に思うかもしれませんが、成功者が続出し社会的なブームにもなりました。なぜ、このレコーディングダイエットは痩せられるのでしょうか?自分が食べたものを逐一記録していくので何をどれくらい食べたか、見直すことができます。これによって、自分が食べ過ぎていた場合あと一歩を我慢できたりします。
もちろん、記憶だけでも振り返ることはできますが書き出したり文字にすることで、より客観的に状況をかくにんすることができます。要は文字にすることで、より現実感を出させて「食べ過ぎてる」というプレッシャーを与えるわけになります。
こちらを1年間頑張ったところ、体重が10キロは痩せました。もちろん食事制限だけではなく筋トレなど運動も合わせて行いましたが。とても簡単にできるのでオススメです。フェイシャルだとスリムビューティーハウスが評判みたいです

私は目の保養のために、部屋にいくつかの植物を置いています。
特に冬の緑が少なくなる時期は、部屋の緑を見て、自然を感じるようにしています。

冬は色味がなくなってくるので、少しでも明るい印象のものが好まれます。
クリスマスツリーはその典型的なものかもしれません。

私は春が来るまでクリスマスツリーの飾りを楽しんでいます。
お正月が終わってしまうと、華やかな飾りがなくなってしまうのが寂しい感じがします。

外の風景もモノクロで殺風景な印象が強い冬は、寒さとともに色味がないので、気分まで寒くなってしまうようです。

逆に夏は暑くて、色とりどりのキレイな植物をたくさん見かけることができます。
特に極彩色の色合いは、真夏の暑さにピッタリと合っているかもしれません。

近々、地元のイベントでハワイアンフェスのようなものが開催されるようです。
真夏の一番暑い時期に行われ、十分に夏を満喫できそうです。

私は毎年夏になると、友人からハワイ旅行のお土産でもらったアロハシャツを着ています。
毎年これを着ると、夏が来たという実感が湧いてきます。